2017.08.12 稲の自然療法
imochi1

 のろのろ台風のおかげでずっとさえない天気が続いておりました。7月の早い時期に梅雨が明けたので今年はいもち病は大丈夫だろうと安心しかけた頃のこの台風。一昨日までほぼ毎日の雨。雨でない日も日照りがなく、いつも雲の中にいるようなじっとりとした湿気。家の中もカビだらけで洗濯物が全く乾かない日が続くと、もういもち警報発令です。

 案の定、恐れていたいもちが発生してしまいました。昨年はもう泣く泣く農薬散布に踏み切ったんですが、今年はこれまでの稲の成長が順調で、地力がありそうなので自然療法を試してみることにしました。

 調べてみるといもち病は一種のカビ菌らしいので、石灰などのアルカリ性に弱いとのこと。無農薬でのコメ栽培をやられている方の間ではいもち病に対して消石灰を撒くというはその対策として一般的のようです。

 消石灰といえばこのところ、漆喰壁づくりで馴染みがでてきたところです。ちょうど家にもストックがありましたのでこれを利用することにしました。

 ただ、消石灰は結構刺激が強くて、肺に吸い込むのは健康上よろしくないので、これを水に溶かして強アルカリ溶液を作りました。これは簡単です。大きなバケツに適当に多めの消石灰を入れてあとは水を入れてかき混ぜ、置いておくだけ。1日も置くと表面に何か薄い膜ができるのでそれを網ですくいとり、上澄み液だけを使います。

 散布には昨年の農薬散布の時に購入した人力散布機を使用。

imochi2

 これなら子供でも安心です。10リットルのタンクはちょっと重いようですが、6年生の息子が頑張ってくれました。

 このアルカリ水での消毒に加え、牡蠣殻を粉砕して粉にした「有機石灰」の直接散布のダブルパンチです。

imochi3

 ちょうどうちに遊びにきていた男の子が加勢してくれてます。花咲か爺さんの灰撒きみたいです。牡蠣殻石灰は消石灰よりも粒子が荒いので葉には付着しにくいので、アルカリ水の散布で葉を濡らすことで付着しやすくする狙いです。

 昨年までの経験から、今年はいもちを早期に発見することができたので、数カ所の発生スポットだけの作業で済みました。この作業を2回実施したところ、病気を抑えることに成功しました。病班自体も広がらず、色も薄くなってきたのです。自分でも驚くような効果でした。

 今年のいもち対策の経験からじわっと実感したことがあります。それは、稲の健康も人間の健康もおんなじなんだなあということ。稲も人間も、周りのすべての生き物とのつながりで生かされています。生き物が多様でそのつながりの鎖が多いほど、また、そのバランスがうまく調和しているほど、命の力は強まります。たとえ病気になっても、それはなんらかのサインであり、それを受け止めながら、調和を崩さないように優しくケアしてあげると命はあるべき方向へと改善していきます。そして、それを助けてくれる良薬は常に自然の中にすでに存在しています。

 これまで我が家で実践してきた自然療法の考えがこんなところで農と繋がるとは思ってみませんでした。新たな嬉しい発見でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://merriemont.blog71.fc2.com/tb.php/364-19ed2b11