2017.03.31 うるしの恐怖
urusi1

先日、私の父が敷地内の造成をしている際、いくつかの木を伐採しました。私は現場にいなかったんですが、その場にいた三男坊は枝葉の片付けの手伝いをしたそうです。その日はいいお天気で、3月にしてはとても暖かく、頑張り屋の三男坊はTシャツ姿で枝葉を抱きかかえていたそうです。その翌日、父の顔は赤くパンパンに腫れてしまい、病院に行って手当をしてもらいました。三男坊はその日のうちに腕が赤くなりかゆみを訴えましたが、それほどひどいことにならなそうなので様子をみておりました。ところが1週間ほど経って状態が悪化し、顔も父と同じように腫れ上がり、目も開けられないくらいになってしまいました。

これは典型的な漆かぶれの状態なんですが、私自身、漆の木を見分けられることができず、すでに現場の木は根こそぎ撤去されておりましたので、その原因はほぼ間違いのない推測ということになります。

病院に行けばステロイド系の軟膏と、アレルギー反応を抑える抗ヒスタミン薬を処方されるんですが、それでもこの漆はすぐには治りにくいと言われています。

我が家ではいつも東城百合子先生の自然療法で手当をしています。まず試したのは蕗の葉です。まだ3月の寒い時期ですのでちょぼちょぼとやっと顔をのぞかせ始めた小さな蕗の葉を集めてそのまま肌に貼り付けてみました。

一晩経ち、様子を見ましたがあまり変化なく、依然変わらぬ激しい痛みに苦しむ息子。

もう一度「自然療法」の本を読み返し、その中から選んだ次なる手当が「豆腐パスター」。
これは初めての挑戦です。
水切りした豆腐と、その1割量のすりおろし生姜を混ぜ、小麦粉を加えてペースト状に固めます。それをガーゼに包んで患部に当ててあげます。三男坊は両腕と顔面に処置しましたが、腕はそれを包帯で固定し、顔面はそれができないのでパックしました。痛痒くてつらい状態にもかかわらず、この姿には本人も思わず笑ってしまいました。

urusi3

これがテキメンに効いたのです!
顔面は肌が敏感なようで、生姜がピリピリして痛いようだったので2回目以降は生姜抜きのシンプル豆腐パスターにしました。それでもパックが乾いてくると痒くなるそうで、1回のパック時間は30分から1時間程度です。真っ赤に腫れ上がっていた顔は初回のパックから一夜明けると明らかに腫れが引いていました。痒くてかきむしり、ひどいただれ様になっていた腕も目に見えて赤みと痒みが引いていきました。豆腐パスターは熱取りに効果があるとされていて、赤く腫れているうちは熱感もかなりあり、その熱取りにもとても効果がありました。

この豆腐パスターを丸2日間ほど処方して状態が落ち着いてきたあと、今度は栗の煎じ汁に変更。東城先生の本には栗の葉を煎じるとありましたが、この時期は落葉してしまっているので、栗のイガを使いました。それを大量に煎じて患部にスプレー。これも見事にヒット。患部はかさぶた状に乾いてきて、あとはそれが自然に剥がれて皮膚が新調されるのを待つ状態に回復しました。

しかし漆は怖い。同じ漆を触っても人によってはなんともないんですが、反応が出る人はとにかく凄まじい。実は時を同じくして長女の顔も赤く腫れ上がったんですが、長女は作業現場にはいなかったんです。漆は人から人には感染しないとネットにはあるんですが、どうみても同じ症状なんです。聞くと、父が顔を腫らしている日にその家に泊まり、洗面所の同じタオルで顔を拭いたそうなんです。それをあとから聞き、ああなるほど原因はそれかと納得。よっぽど強い漆だったんでしょう。

猪の念に続いて我が家を賑わせているこの騒動。自然と密に暮らしているといろんなことが起こります。いろんなことを教えてもらいます。同じ出来事が訪れても、それを敵に回すか自分の糧にするかは自分で選ぶことができます。そのことを理解していればなにが起きても大丈夫です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://merriemont.blog71.fc2.com/tb.php/358-36e1ee63