sundays

 4月になり、うちのこどもたちはそれぞれ新年度をむかえています。9歳の長男は4年生になりました。ますますラグビー好きになってきた彼は、この春からとうとう念願のラグビースクールへ通い始めました。この前の日曜日は初試合を経験したところです。

 3月には一ヶ月間体験入部をさせてもらい、入部を決意したのは、熊本市内にあるサンデーズという新興チームです。この春で設立1周年というほんとうに若いチームです。市内ですので、ここからは車で1時間以上かかります。時間もさることながら、私にとっては消費するガソリンも気になるところです。しかし、彼のラグビーに対する夢と熱意を思うと、これはもう応えてやるのが親の務めと覚悟を決めました。

 このチーム、息子もすんなりとけ込めたように、雰囲気がなごやかでいいのです。古豪チームにありがちな体育会気質がなくて笑顔が多い。私が子育てやセラピストの経験を通して思っていたのは、小さい頃にやるスポーツはとにかく楽しむことが大事。たとえばこどもが将来何かのスポーツ選手になりたかったら、歯をくいしばってつらい練習に耐えるよりも、とにかく一生それをやりたくなるくらい、そのスポーツを好きになること。多くの場合、これに反して、親が熱を入れ過ぎて焦り、早くから英才教育をしたがるのが日本の現状。ところがこれだと、早いうちに燃え尽きてしまう。

 私がニュージーランドに住んでいるときに見たのは、小さいこどもが芝生の公園で、裸足でラグビーボールとたわむれている光景。それが日常の中にあって、どの子も気負いなく当たり前の遊びだった。それが世界のラグビー王国の原風景なんです。それぞれの地域にはラグビーチームがあって、ひとつのチームには幼児から高齢者まで、それぞれのレベルで楽しめるグレードがありました。だから、日本の学校にある部活動のチームのように、短期間で成果をださなくてはという焦りもない。おおらかで包容力があり、しかし内容はとても洗練されていてシステマチック。スポコンだけで鍛えるようなところもありません。

 幸い、息子はとてもいいチームに巡り会えて、毎週日曜日の活動日をそれはそれは楽しみにしています。実は私もコーチとして関わることになり、コーチングの勉強を手習いしているところです。 ここでもたくさんのこどもたちと出会えて、あらたなフィールドで若い命を育てることができるチャンスにわくわくしています。
スポンサーサイト