上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
taue1

昨日ようやく田植えが完了しました。
始めたのは土曜日。
前日には大雨が降っていましたが、この日は午後から快晴。
田植えの初日は家族仲間総出での手植えでスタートしました。

手植えで植えたのは、今年初挑戦のもち米。
「今年の年末はみんなで餅つきして美味しいお餅をいっぱい食べようね!」とハッパをかけて頑張ってもらいました。

taue2

うちのおチビちゃんもママから初めての田植え指南を受けています。
ちょうどこの頃田植えデビューを果たしたうちの長女はもう手植え9年目。何にも言わなくても淡々と動いてくれます。

taue3

taue4

米作りをお勉強中のウーファーさんもにこやかに初体験。

taue5

小学4年生になった次男は余裕の笑顔。

taue6

うちのおチビちゃんは楽しいお仕事を発見!発泡スチロールの船に乗せた苗を運んでいます。

taue7

マロちゃんの娘は温もった泥湯に浸かってます。

この日に植えた餅米の面積は2畝(この漢字「せ」と読みます)。田んぼでは今でも昔ながらの単位が使われてます。10畝が1反(「たん」)になり、10反が1町になります。1畝はおよそ100㎡ですので200㎡を手植えしたことになります。お昼ご飯の後にゆったりと始めたみんなの手植えは3時間ほどで無事に終了。

taue8

今年の総植え付け面積は約3反なのでこの10倍以上を定植しなければなりません。
で、この後は機械の出番です。

写真撮り忘れましたが、使ったのはイセキの古い6条植え乗用型田植え機です。6条はうちの小さな田んぼでは大きすぎるサイズなんですが、借りられる機械がこれしかないので仕方ありません。
しかしこの田植え機がうまくいきませんでした。

車輪の轍で土がボコボコになるし植えた苗は抜けて浮いたりまっすぐ刺さらずどこそこ向いたりです。
せっかく育てた苗もなんだかとても可哀想なことになってしまいました。
その修正作業に何倍もの時間を費やすことに。これならいっそ初めから手植えでやったほうがマシだったなあ、と思えるほど。

taue9

これでも修正作業の後です。面積が広いので全ては完璧に修正しきれません。

原因はいくつか考えられます。

その1、代掻き不足。泥がまだねちっこくて轍が残り、植え付け部分の穴も塞がらない。
その2、苗の根はり不足。薄まきに加えて発芽率も低かったので箱全体に回った根が少なくてマット状にならない。これでは機械にセットした苗が不安定になり、掻きとった時にまっすぐ土に刺さらないことになるようです。

無農薬栽培では苗の1本1本を太く頑丈に育てることが大事ですが、それと機械とはどうも相性が悪いということがわかりました。来年からはこのあんばいをどう調整させていくかが課題です。

この6条植えの機械で散々な目にあった直後、4条植えの歩行型田植え機を借りられることになり、3日目からはそれを試してみました。
歩行型のメリットは車重が軽いこと。
そのため車輪も小さく、土にかかるダメージが少なくて済みます。

これが当たり。
機械が通った後の轍は目立たず、足跡も抜き足差し足で気をつければ目立ちません。そのせいもあり、苗の定着もいいです。

なにはともあれ丸4日間をかけて今年の田植えは終了。
次の週末からは除草作業に入ります。
今年も昨年同様のチェーン除草ですが、現在改良型を製作中です。乞うご期待!
スポンサーサイト
2017.05.08 屋上ガーデン
okujougarden1

このGWにやっておきたかったったことが、玄関部分の屋上ガーデン造りです。
ようやく暖かな天気が安定して、久々にウーファーさんもきてくれています。玄関部分の増築はほぼ1年前に終わっていたんですが、家の顔とも言えるこの部分の仕上げがまだでした。

この部分、屋根材にはアスファルトルーフィングの下地に、ロール状のアスファルトシングルを打ち、合わせ目にはシングル用の接着剤でシールしてあります。傾斜は緩いですが、土を載せる部分はほとんど軒なので万が一漏水してもさほどダメージはありません。
土留めには丸太を置き、その内側に畑の排水に使うネトロンパイプを設置。それを砂利で抑えました。土の下には雨水が貯留せず排水されやすいように木質チップを撒きます。木質チップといっても、薪割り場に堆積していた細かい木の破片を掃除がてら集めたものです。その上に畑の土をのせました。

種はホームセンターで買ってきたクローバーとミックスフラワー各1袋です。
それを混ぜてまんべんなくばら撒きしました。

okujouarden2

種の量は十分あったんですが、この翌日、ちょっと欲が出て今度はタンポポの種も撒いてみました。
ちょうどこの時期、すでに綿毛になっているタンポポが家の周りにたくさんあったので子供達に取ってきてもらい、みんなでワイワイ2回目の種まきといきました。

調べてみると、タンポポは春になると咲くんですが、花が咲いている期間は意外と短くて、7日から10日だそうです。そして花が落ちてから一ヶ月後に綿毛付きの種を持つようになるらしいです。ですから、この種が順調に育てば、来年の3月末から4月の初めにかけて1面のタンポポ畑になる予定です。

クローバーの開花時期は4月から7月なので先陣を切ったタンポポの花に続いて今度は真っ白いクローバー畑になり、夏の盛りには順次ミックスフラワーの花が咲き踊るというシナリオです。これから毎年春が余計に楽しみになります。

sirouto1

ベッドルームの内壁です。
部屋の外側は私の得意な板壁にしたんですが、部屋の内側は左官仕上げにしようと思っていました。
しかし実はこれ、私の苦手な分野なんです。モルタルやコンクリートなんかはそれなりに経験ありますが、漆喰系は初めてのこと。そこで近くに引っ越して来た頼りになる友人にヘルプを頼んでいたところ、なんとさらに2名の強力助っ人を連れて現れてくれたのでした!

彼ら3人はプロの職人ではありませんけど、その腕前はまさにセミプロ、スーパー素人でした!
塗った壁の面積は2畳ほどでしたが、塗りやすいとは言えない形の壁面でしたので一人であれば1日仕事でした。ところが塗り始めてみればあれよあれよと、ものの1時間ほどで塗り終えてしまいました。

この御三方はもともと関東でのお仲間で、気心の知れた間でしたので、この日の作業もほのぼのわいわい、でもやるときゃ真剣にととってもいい時間をすごしてくれました。

この日に使用した左官材料は友人の得意とするチープな裏技でいくことにしました。
テイストとしては漆喰調ですが、もう少し凹凸のあるソフトな表面仕上げにしたいと思っていました。

漆喰の主成分は石灰で、それに砂、水、海藻糊、そしてつなぎに麻すさを入れたものが古来のシンプルなものです。

今はすでにそれらすべてが配合されたプレミックスの漆喰がパッケージされて売られています。

今回の裏技は、それを踏まえたチープオリジナルバージョンです。
まず、石灰として、農業資材としてどこのホームセンターでも売られている「消石灰」と、牡蠣殻灰である「有機石灰」、これを同量ずつまぜます。それに海藻糊の代用としてメチルセルロースなるものの粉末を混ぜます。これは塗料用の増粘材として一般に販売されているものですが、それなりにマニアックなお店にいかないと手に入りません。そして、つなぎとして使おうと思いついたのが「木屑」です。うちの作業場にはいつも木工作業しているので様々な木屑が体積しているんですが、その中でも、自動カンナで出る大量の木屑がちょうど大きさや薄さが良さそうでしたのでぜひこれを使いたいと思っていました。

しかし集まってくれたこの御三方とも木屑ミックスの壁材の経験はありませんでした。けれど、だからこそみんな興味をかき立てられてわくわくしながら初めての木屑ミックス漆喰にチャレンジしたわけなんです。

実際に塗ってみると木屑のおかげで結構厚みが出て、しかも表面は希望どうりのソフトな風合いになりました。塗り心地も良く、作業自体もスムーズに行ったのが意外なほどでした。

これが塗り終えたばかりの壁全体。(写真をクリックすると大きく見れます)

sirouto2

電球色のLED照明のせいで黄色がかった色合いに見えますが、実際は薄いグレーがかった白色です。グレーは牡蠣灰の色ですね。混ぜ込んだ木屑は杉なので、もしかして時間が経てばうっすらとそこから木の色が出て来るかもしれません。時間の経過とともに色合いが変化していくのも左官壁の面白いところなんですよね。

近くで見るとこんな風に凹凸があります。

sirouto3

増粘材のおかげか、塗り終えて1時間もすれば早くも硬化して表面は触れるようになります。しかしまだ水分を多分に含んでいるのでしっとり感はあります。木屑もその大きさによって表面のテイストが随分変わるでしょうから、興味のある方はいろいろ試してみられると面白いと思いますよ。

なお、今回使用した材料は消石灰10kg、有機石灰10kg、マーポローズ(メチルセルロース)45g×2、木屑適量、水。コストはしめて約1000円也!
taue1

すこし前になりますが、今月のゴールデンウイークには、我が家での第一回田植え作業がありました。3月末から仕込み始めた自家製の稲苗はハウスの中での育苗期を経て無事に田んぼデビューいたしました。

種まきも家族総出でおこない、この日も子供たちが全員参加です。
今年の田んぼの植え付け面積はおよそ2反。並の収量があれば、7人の我が家全員+α(ウーファーさんや隣の両親)が1年間食べられるだけのお米がとれる広さです。今年の苗は、イセヒカリというイモチ病に強い品種と、ハッピーヒルという、かの有名な自然農法の福岡正信さんが育てあげた品種、さらにアキゲシキという品種の3つです。

育苗のスタートはすべて同じで、同じ条件で育てたのですが、面白いことに稲の育つスピードはそれぞれです。一番成長が早かったのはイセヒカリでした。ゴールデンウイークにはこのイセヒカリを機械植えしました。

taue2

この機械は6条植えです。この田んぼにはちょっと大きすぎる機械ですね。普通は田んぼの隅々まで機械で走って植えるんですが、今年は「水性生物共存農法」(勝手に命名してみました)を試してみることにしました。田植えの数週間前に代掻きしたとき、せっかく育って増えてきたかわいいおたまじゃくしくんたちがトラクターの通ったあとには激減しているのを見て考えついたものです。無農薬、化学肥料不使用での栽培では稲以外の動植物の力が不可欠です。その多様性を育てるために、これではいかん!と思い、彼らの生きる空間をできるだけ邪魔しないで残すために、畦に近い外周は植えつけずにおくことにしました。そこは除草もしません。

taue3

田植えが終わったあとには、こどもが稲を邪魔せずにこのエリアで遊ぶこともできます。おたまじゃくしやらヤゴ、ゲンゴロウ、アメンボ、いろんな生き物がここにはもう住んでいます。

翌週には再び第2回目の田植え作業。

taue4

この日には少し成長の遅かったハッピーヒルを手植えしました。この種は私のブログを見てわざわざご自分の育てられた種籾を分けて送ってくださった方のものです。なかなか手に入らない貴重な品種ですし、この種こそが私たちの稲作の主役になる可能性のあるものですから、人一倍の思いを込めて丁寧に植えさせてもらいました。

長女はもう慣れたもので、作業の正確性はぴかいち。

taue5

長男も負けてません。

taue6

この日には田舎移住希望のウーファーさんも念願の田植え初体験。

taue7

やっぱり手植えはいいですね。エンジンの騒音もなく、泥に足を入れ、水面に顔を近づけてひとつひとつ気を入れこむことこそが生き物を育てることだと実感できます。
やればやるほど、農作業も子育てと同じだなあと思わずにいられません。

taue8

目に見えないようないろんな命の助けに生かされて、この苗たちが強くたくましく育って、未来に残す命の種を残してくれますように。これからしばらくは毎日彼らの成長を見守っていきます。
kadomatu1

 毎年のことながら、年末は消防団の特別警戒で夜通しの勤務(飲み会)が3日連続で続きます。料理番の私は団員みんなの食事の用意をしなくてはならないため、日中も買い出しと準備で大忙し。こどもたちにとってはあまり面白くない3日間となります。それから解放されるのが31日の大晦日。例年は3日連続の寝不足とアルコールでグロッキーになってしまうのですが、家族とちゃんと過ごせる様ないよう飲み過ぎ自己管理に気をつけました。

 で、その大晦日にやってみたかったことが門松づくりです。

 まずは午前中に門松づくり。門松は正月の神様をお迎えするものなので、ほんとうは1週間くらい前には飾ってお迎えの準備をしなくちゃならないと言われてるそうです。しかし、これまで実は門松というものを作ったことはおろか、飾ったこともありませんでしたのでそんな風習は知りませんでした。今年はようやく玄関が形になったので記念すべき初めての門松に挑戦ということなのです。

 門松づくりのまずはじめは、土台の準備。家の鉄くずの山からペール缶をふたつ拾ってきて、それに今年穫れた稲わらを巻き付けます。

 kadomatu2

 わらのむしろを使うと簡単ですけど、自家製わらがいいですね。縄もわらで編めるといいんですけど、まだそこまでの技術はないので、ホームセンターのシュロ縄を使います。で、ぐるりと巻き付けるとなんか米俵みたいな雰囲気。

 kadomatu3

 次は竹。これも家の敷地内の竹林から切り出してきました。のこぎりで切ります。てっぺんが斜めにカットしてあるのが今のトレンドですが、昔はまっすぐ切ってあったそうです。江戸時代、徳川家康が三方が原の戦いで武田信玄に負けたあと、次は勝つぞと竹を刀でずばっと削いだらしいのです。それから竹のてっぺんは斜めになったと言われてます。

 kadomatu4

 それはともかく、斜めのほうがデザイン的にもかっこいいですね。初めてのことでセオリーも知らないので長さはまあこれくらいが適当かなあと子供と話し合いながら自由に切っていきます。で、それを3本セットにしてペール缶の中に立て、周りに土をつめて固定します。2歳の娘もスコップを持ってお手伝い。

kadomatu5

 あとはバックに笹、前に主役の松と彩りで赤い実を飾り、初めての門松が完成。これ、材料はすべて家にあったものでできました。都会に住んでたらとても揃わないものばかりです。しかも自分たちで育てた田んぼの稲を使えたところもミソ。自然と生活がうまくつながってきたことがなんかじんわり感じられて、ほんわり楽しい大晦日でした。

 kadomatu6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。